antwarp

What you can read

time

2019-11-26 Tue 01:52

 

自分のイベントに大阪ライブ、そして風邪悪化とあまり余裕がなかった。

 

 

見返すと演奏中もなんだか苦しそうにしていたので、自分で映像をアップするのはやめた。短期間で2つのプロジェクトのお披露目を準備したり、片言でコミュニケーションを取りながらトラブルを回避できたのはよかった。一緒にやったサビオもショーニーも面白いパフォーマンスをしてくれた。そして何よりも当人たちが楽しんでいたように思う。

 

 

打ち上げをできなかったのでもう一度3人で会いたかったが、できなかった。でも彼らはボクほど残念がってはいなかった。すぐに別れが来るのが分かっていたから、その時を精一杯楽しんでいたんだろう。ボクはいつも終わってから、ちょっと無理してでもやっておけばよかった、と思うことがたくさんある。

 

 

時間に限りがあるからこそ、何かを動かす力が生まれるんだなと強く感じる。リミットがなければ、ボクが新しいプロジェクトを披露することも、もっと遅くなっていたはずだ。

 

 

今を精一杯楽しむというのは、一見、後のことを考えてなくてバカな行為だと思われがちだが、本当は楽しいことからやった方がいいんじゃないだろうか。子どもの頃に、自分を制して努力し続ければ、その先にもっといいことがあると教わったが、もうそんなのは時代遅れのような気がしている。やりたいことは無数にあるし、できる時にすぐに行動してやっておかないと、そのままチャンスを逃してしまう。きっと美味しいものだって、最後までとっておかずに、温かいうちに食べた方が満足感が高いはずだ。

 

 

海外の友人と出会う度に、自分の常識がぶち壊されるので、新鮮で楽しい。あまり先のことを考えても何が起こるか分からないので、今やりたいことを一生懸命やるべきだな。