antwarp

What you can watch

10年

2019-07-26 Fri 04:11

 

フジロックに出てから10年がたった。

 

 

ROOKIE A GO-GOという登竜門的な小さいステージだったが、ちゃんとバンドとして認められたからこその出演だったと思う。ボクにとってはnenemのメンバーとして最後のステージであると同時に、また別の形で戻ってくると誓ったステージでもあった。

 

 

そこからは自分の不甲斐なさを思い知ることの連続で、たまたま運良くあそこに参加できただけなんだと思うようになった。時代は移り変わり、CDは売れなくなり、バンドマンの数は明らかに減った。ボクはバンドの形態を捨ててソロになった。使う機材もまったく別の物になり、出演する会場もライブハウスではなくクラブを選択するようになった。ふらっと入って面白いものに出会う確率が高いのは、はっきり言ってクラブの方だ。個人で勝負する方が、メンバーの都合で時間や場所に縛られるバンドよりもずっとフレキシブルに活動できる。ネットで国を超えて繋がっていくことも容易になり、個人で表現していくことはますます重要になっていると感じる。一方で音楽はどんどん細分化され、頭角を表すのは難しくなっているとも感じる。

 

 

ただ、大きなフェスとなれば、バンドもクラブ系のミュージシャンも出る。フジロックは依然として国内ではナンバー1のフェスで、音楽をやっている人で出たくない人はいないだろう。あの景色・空気感はやみつきになる。おそらく出たことのない人よりも、一度出てまた出たい人の方が、ずっと気持ちは強いと思う。

 

 

メジャーアーティストとして活動した人や武道館でやったことのある人も、きっと同じような感覚を持っているんだろう。運が良かっただけにせよ、そういうステージに立った人は、その快感を忘れることができない。だから辞められない。

 

 

ステージの大小は関係ない、なんていうのはカッコつけだと思う。その気持ちは大事だが、気合いの入り方が違うのは当然だ。より多くの人に聴いてもらえる機会が得られるなら、そこに全力を注ぐのがパフォーマーとしての使命だとすら思う。結果、1人2人にしか深く刺さらなかったとしたら、それはその時にポジティブに捉えるしかない。

 

 

現状ボクは遠いところにいるが、過去のいい思い出で終わらせるつもりはない。フジロックにこだわっているわけではないが、ベンチマークとなるようなステージを経験していきたいという気持ちはずっとある。そしてそのためには、もっとアイディアを振り絞ってハードワークしなければと思う。

 

 

 

 

 

リアル

2019-07-16 Tue 03:34

 

日本語と英語の時ではものの考え方が変わる。言語と民族性の関係のようなものを感じる。

 

 

どうも自分がいつもネガティブな言葉を吐いている気がして、英語の時もそうだろうかと考えたら、違うことに気がついた。最初は、単純に英語のボキャブラリーが少ないこと、伝えることに必死でネガティブなことを考える暇がないこと、が理由だと思っていたが、そうでもない気がしている。

 

 

日本語には同じような感情を表す言葉が複数ある。そして、喜びを表す言葉よりも、悲しみを表す言葉の方が圧倒的に多い。日本人は欧米人よりも感情表現が苦手なのに、言葉の種類はたくさんある。苦手だからこそ、たくさん使い分けているのだろうか。

 

 

日本ではちょっとした言い方の違いで、人間関係が大きく変わってしまう。空気が読めないなんていうのはまさにこれだ。さらに、本音と建前もあって、一体何がその人の本音なのかよく分からない。

 

 

ボクも日本で生まれ育ったわけだから、「こういう場合はこういう言い方をした方がいい」というのはある程度分かる。仕事の関係では、すべて本音でぶち当たったらクビになるので使い分ける。だが、それをプライベートでもやっているとストレスになる。その歪みは積み上がって、人付き合いが面倒になる。

 

 

昔、帰国子女の友達が言っていたことで印象に残っていることがある。「間違ったことを言ってしまっても、あとで謝ればいいじゃん」と。もっともだと思った。冷静になって反省することは多々あって、海外の映画やドラマではそんなシーンが必ずある。けっこうひどいことを言ったあとに許し合う。が、日本ではわりと許されない。「反省するくらいなら最初から言うなよ」と思う人が少なからずいる。これも歪みの一つだと思う。

 

 

そんな風に考えると、政治や社会というより、人間関係において居心地の悪い国だなと思う。自分のことは言わないのに、他人の話を聞くのは大好きで、さらに本人がいないところで話題にして酒を飲む。ボクにはどうも性に合わない。

 

 

それに対して、「俺のことじゃないからそこまで興味ないけど、お前がそうしたいならやれよ、手伝ってやるよ」というのが、ボクが感じたアメリカ人のスタンスだ。まず自分の意思を表示して、何を相手に望むのか、話し合って解決していく。ここには、ネガティブな要素などない。すべてが自分発信だから、必然的に前向きになる。ボキャブラリーが少なきゃI wantの連続だ。常に自分がどうしたいか表明しなきゃならない。でも、何か気が楽だ。

 

 

ネガティブな言葉は我慢して、ポジティブなことだけ言えという人もいるが、それも違うとボクは思っている。歪みは簡単に消したり押し隠したりできるものではないはずだ。裏アカウントなんてものも、見られたくないけど吐き出す気まんまんの代物だ。そんなものは、笑顔を売りにしているアイドル以外はみっともないと思う。臭いものに蓋をするのは、一見美しく見えるかもしれないが、リアリティや信頼を伴わない。ボクが薄っぺらく感じてしまうアカウントは、そういう人間の醜い部分を必死に隠しているからかもしれない。

 

 

べつに友達や日本人の批判をしているつもりはない。ただ、疲れている。

 

 

最近、一番仲のいい外人に初めて弱音を吐いた。コイツなら通じると思ったんだろう。彼のアドバイスは、わりとしっくりきた。受け入れて、反省して、時が経つまでお前のやりたいことに打ち込め、というアメリカ人らしさが、現実的でフィットしたのかもしれない。

 

 

 

 

あとがき

2019-07-11 Thu 21:11

 

新しいミュージックビデオはもう見てもらっただろうか?

 

 

今回コラボしてフィンガーダンスをやってくれた3upについて紹介したい。このダンスはDigitz(ディジッツ)またはFinger Tuttingといって、わりとマニアックなジャンルだ。

 

 

撮影に向けて準備していた頃、珍しいダンスをやっている人がいると紹介された。ボクの音楽に合いそうということで、実際に会い、その技の一部を見せてもらって、初めて見る指の動きに驚いた。そもそもダンスというより、これはパントマイムのような芸なんじゃないかとさえ思った。

 

 

鍵盤という同じ指を動かす者として、独立して自由自在に指が動かせることに、少なからず嫉妬した。簡単な技ならボクもできるかもしれないと思い、やってみたら全然できなかった。そういえば、ずっとやっている鍵盤ですらボクは自由に扱いきれていなかった。

 

 

指の動きがメインでフィーチャーされているので分かりにくいかもしれないが、ダンサーはやはり体の動きについての観察眼が鋭い。体全体の動きがしなやかで、かつキレがいい。その基本は、やはり姿勢のようだ。途中レクチャーしてもらった体の運び方や姿勢の保ち方は、論理的で分かりやすかった。ただ、いきなり身につくものではないので、毎日の生活の中で意識していくしかないのかなと思う。

 

 

それにしてもこのダンス、毎日鏡の前で自分と向き合いながら、ああでもないこうでもないと練習するんだろうか?聞きそびれてしまった。鏡の前で練習をしていたら、ボクは自分の顔やら髪型が気になってきて集中できなくなりそうだが。

 

 

そんなわけで、3upのスキルが冴え渡るミュージック・ビデオ"clap your hands"、まだ見ていない方はぜひ。

 

 

 

 

 

my place

2019-07-07 Sun 21:21

 

雨の日はあまり家を出ないんだが、今日はいろいろと散策することにした。

 

 

自分の住んでいる街が好きなので、もっと街のことを知って、気に入ったお店にお金を使おうと思ったのだ。

 

 

ネットで10軒くらいピックアップして歩いた。雨だし散歩のついでのつもりだったので、2〜3軒回れればいいと思っていたが、結局6軒も行ってしまった。

 

 

店員とはなるべくコミュニケーションを取るようにした。ふだん自分からはほとんど話しかけないので、こういう時に何を話せばいいのか分からない。とりあえず気になったことを聞いてみたりしたら、意外と話せた。

 

 

欲しかったフォトフレームも見つかったりして、わりと収穫があった。

 

 

すごく漠然とした野望だが、いつか我が街を世界に誇る街にしたい。そのためには、音楽やアートを感じられる場所がもうちょっと充実してもいい気がしている。

 

 

 

 

5th music video "clap your hands"

2019-07-06 Sat 18:43

 

We made a new video! Watch amazing finger skills! 3up killing it!!

 

 

Music: antwarp 2nd floor

Finger Dance(Digitz, Finger tutting): 3up

Producer: Ryuchi Nidan

Director: T. McLeod

Production: MVP

Special Thanks: Elly D